ポイントライフ研究所

ポイントサイト(お小遣いサイト)で生活できるか実験中。マイルや現金を一気に稼ぐ方法を大公開

*

FX口座開設キャンペーンを安全に攻略しよう

      2017/12/08

FX口座開設キャンペーンを安全に攻略しよう

クリック~ログインまでの流れ

ポイントサイト(お小遣いサイト)のFX口座開設キャンペーンの案件は、キャッシュバック額が高額なうえ、クレジットカードの作成のように与信情報にかかわるものではないので、積極的に狙いたいところです。ただし、やはりFXの取引にはリスクが伴います。 どうすればリスクを最小限に抑えられるのかについて、まとめてみました。

ポイントサイトのFX口座開設キャンペーンとは

ポイントサイト(お小遣いサイト)のFX口座開設キャンペーンの案件は、一定の日数の間に初回入金し、一定金額・一定回数以上の取引を行う…というものが多いです。

●万円以上、と言う風に入金金額に指定がある場合もあります。 獲得ポイントは1000~15000ポイント程度。条件としては、初回入金金額が少なく、取引回数が少ないものほど損をする可能性が少なくなり、お得です。

ポイントサイトクリック~FX口座開設、ログインまでの流れ

FX口座開設案件は、口座開設、口座開設+ログインだけでポイントを貰える案件もありますので、まずはそれで要領をつかみましょう。

狙いのFX口座開設案件を決定、Cookieを削除

「サイトへ行く」「ポイントを貯める」というポイントサイトから移動するボタンをクリックする前に、必要に応じてCookieを削除するなどしておきましょう。 (「確実に判定されるために気を付けたいこと」を熟読しましょう) そして案件のポイント付与条件を熟読、よく把握しておきます。私の場合は、印刷しておくか、evernoteのクリッパーで条件ページを保管しています。

リマインダーを設定しておく

その場で入金、取引しない場合は、「○日以内に取引」「○万円以上入金」などの条件を見ながら、「○○FXに入金(○月○日までに1万通貨取引)」というように、スマホのカレンダーなどに、リマインダを設定してしまうと忘れなくて便利です。

ポイントサイトから業者のFX口座開設申込みページへ、必要事項記入

このウェブサイトより以前にご覧いただいていたサイトは当社が作成したものではなく~ などの案内ポップアップが出るが、そのまま進みます。

  • 約款・規約等の承諾 どこのFX業者も内容はほぼ同じです。 すべて「承諾する」を選ます。
  • リスクに関する確認 これもすべて確認しましたとします。
  • お客様情報入力 氏名・年齢・住所・銀行口座・メールアドレス・電話番号などを入力します。(未成年や75歳以上は登録不可)年収や金融資産に関しては確認書類を求められることはありません。
  • 本人確認書類送付 アップロード画面で本人確認書類の画像をアップロードするか、指定のアドレスに写真を添付してメールを送ります。

申込み受付のメールや審査完了のメールはFX口座開設終了まで保管

所定の申し込みが終わると、FX口座の業者から申込み受付のメールや審査完了のメールが届きます。 こうしたメールはポイント付与されるまですべて保管しておきましょう。ポイント判定が出ず、問い合わせをする場合に証拠として必要となります。 サイトにもよりますが、「判定」「保留中」といった表示や、ポイント通帳の記録はクリックした後すぐに付くことが多いです。 しばらくしてつかなければ、ポイントサイトに問い合わせをしてみましょう。

郵送(通常は書留)でログイン情報が届く

FX口座開設の手続きが完了すると、FX業者からログイン情報の記載された封書が届きます。 「口座開設」のみが条件の場合はこれでポイント付与条件は終了、「口座開設+ログイン」が条件の場合は、書かれたログイン情報を参考に、FX口座にログインします。所定の日数後にポイント付与となります。

FX口座初回入金~初回取引までの流れ、注意点

FX口座開設が無事完了したら、次は初回入金~初回取引です。 ここからは実際にお金が動きますので、注意深く行きましょう。入金~取引の流れで、確認しておきたいのは以下のポイントです。

  • 必要な初回入金金額
  • 必要なロット数、取引の回数(往復の回数の場合は注意)
  • 必要な取引ロット数を満たす入金金額
  • 取引ツールの使用方法を確認(できれば前もってデモトレード口座で試す)
  • 市場に入らないほうが良い時間をチェック

開設したFX口座に初回入金する

狙いの案件の条件を見直し、初回入金額の条件をチェックし、必ずその金額以上を入金します。 入金の方法ですが、たいていのFX口座で「クイック入金」システムが使用可能です。 クイック入金とは、ネットバンキングでFX業者の指定する銀行口座に入金すると、あなたのFX口座に即時に反映されるシステムです。 FX口座のオンラインページにログインし、所定の入金ボタンをクリックすると、入金元の銀行のネットバンキングに移動して、そこから通常のネット送金のやり方で入金手続きをする…という流れになります。

取引前に、FX口座開設キャンペーンの条件を再確認

自分が申し込みをしたときの条件を満たす必要があるので、evernoteなどで取っておいた記録を再度よく読みます。 FXの用語で、1ロット、とは、「1万通貨単位」を指すことが多いです。 通貨によっては1ロットの通貨数が違う場合もあるので、気になる場合はFX業者のHPのヘルプで確認しても良いでしょう。 1万通貨単位、というのは、円なら1万円、ドルなら1万ドルです。 通常、国内の個人向けFX口座だと、レバレッジ25倍、つまり実際の金額の25分の1の証拠金があれば、取引ができる、という設定になっています。 1ロットを1回買って・1回売って、その損益を確定させる、という1連の動きが、1ロットの1往復の取引…となります。

必要な取引ロット数を満たすために必要な入金金額をチェック

100円とすると、ドル1万通貨単位を取引する場合、本当は100万円が必要です。しかし、レバレッジ25倍のFX業者は4万円の証拠金だけで100万円の取引をさせてくれるのです。

※実際の場合は、もう少し余裕のある入金が必要な場合もあります

1ドル100円のときに、100万円でドルを1万ドル買い、その後値動きがあり101円になったとします。そのときに1万ドルを円に戻すと、101万円になりますね。その値動きの差額でお金を儲けたり損したりするのがFXです。
FX業者は、銀行と違い、ドルを円に、円をドルに換える手数料は取っていないのですが、ドル→円にするときのレートと、円→ドルにする時のレートを少し変えています。 これを「スプレッド」と呼びます。

ドル円スプレッド0.3銭=0.03円 だと、まず売り買いをした瞬間、必ずこのスプレッド分を損します。
(この部分がFX業者のもうけになっています。)

値動きがない場合、すぐに売り買いをして市場から引き揚げれば、このスプレッド分の損だけで済みます。 たとえば、スプレッドが0.3銭の場合は下記のようになります。

  • 1ドル100.05円を1万ドルに交換する 1,000,500円かかる。
  • レバレッジ25倍の場合:1,000,500円の25分の1=40020円が証拠金になる
  • FX口座には、40020円と、値動きのことを考えた+αが入っていればOK
  • 値動きがない状態ですぐに売る → スプレッド0.3銭=0.03円の差額のある 1ドル100.02円になっている
  • 1万ドル=1,000,200円に再度交換 → 300円の損になる
  • FX口座に入金した金額から300円が差し引かれる

300円損しても、ポイントサイトの案件はたいていそれ以上の金額になっていますし、十分黒字となります。

大事なことは、FXの知識が無い人は、為替差益でのもうけを狙わないこと。ポイント付与という利益がある以上、損を最小に抑えるのが一番大切なことなので、とにかく素早く市場から出て、スプレッド分の損を確定させてしまうのがベストです。

私はできるだけ、値動きがあまり激しくなく、日本人になじみが深い「ドル円」で取引をすることにしています。
南アフリカランドなど、少額で1ロット取引を満たせる通貨はありますが、そういう通貨は値動きが激しい場合が多く、リスキーです。ポイントの1万円なんて一瞬で消えてしまうことあります。

ぎりぎりの金額だと取引をさせてくれない業者があるので、最大のレバレッジ25倍に対してギリギリの金額を入金しないようにしましょう。ドル円で1ロット取引するつもりなら、10万円くらいは入金しておくのがいいと思います。

できればデモトレード口座を作り、取引ツールの使用方法を確認する

値動きがない状態なら、スプレッド分の損で済む…ということですが、これは、すぐに約定させることができること というのが前提となります。

取引ツールの使い勝手が分からずに手間取れば、思わぬ損をすることになります。

できるだけ、デモトレード口座で売買ツールの使い方をチェックし、頭に入れ、実際に動かしてみます。ヘルプのページを印刷して熟読するのもよいでしょう。

また、ときどきスマホのツールの使用でポイントサイトとは別に1000円くらいのキャッシュバックをしてくれる業者があります。 そういった条件がある場合は、どうせならスマホで取引したほうがいいでしょう。スマホツールのデモトレ機能もありますので、アプリをインストールして少し遊んでみましょう。

市場に入らないほうが良い時間をチェックし、避ける

ここまで準備したら、実際に入金した口座での取引に入りたいところですが、その前に大切なのが、値動きの激しい時間に市場に入らないこと!!

私がチェックするのは、経済指標の発表時間などのイベントの時間と、各市場の開始時間すぐ、終わり時間近く、です。そういう時間帯は、思わぬ値動きがある場合があるため、市場に参加しないようにしています。 各市場の取引時間はここでチェックします。

市場の乱高下の原因となるイベント、要人発言の予定はここでチェック

いよいよ実際の取引

ローソク足で5分足と1分足などのショートスパンの値動きをよく見て、動いている方向に入ります。

差益を狙わないとはいえ、損を最小限にするため、値下がりしてる場合は売りで入り、値上がりしてる場合は買いで入ります。 そして、速攻で約定してしまいます。約定が終わったらすぐに出金手続きします。

ただし、すぐ出金した場合はポイント付与しないという条件を設けているFX業者もありますから、その点も十分にチェックしましょう。

ポイント付与条件を満たしたら、あとは判定を待つだけ

ポイント付与条件を満たしたら、あとは判定を待ちます。 FX口座開設の案件は、ポイント付与まで2~3ヶ月かかる場合も多々ありますので、気長に待ちつつ、いつまでも仮判定などが出ない場合には、遠慮なくポイントサイトに問い合わせましょう。 FXの業者に問い合わせるのはマナー違反、ポイントサイトに嫌がられます。問い合わせには、申し込み時の自動返信メールや、口座番号が必要になる場合があります。

FX口座開設キャンペーン攻略におすすめのポイントサイト

ポイントサイトはどれでも一緒というわけではなく、還元金額に大きな差があります。 当サイトで安全性や還元金額を総合的に判断しておすすめしているのはハピタスげん玉です。

この2つのサイトに登録して、どちらかの案件で条件が緩いものや高額なものを狙えば、利益を最大化できます。

 hapitasげん玉
岡三オンライン証券1500500
外為ジャパンFX1000010000
外為どっとコム4500
なし
ヒロセ通商 LION FX4000(口座開設+初回1万円入金+1万通貨取引)
2500(口座開設のみ)
パートナーズFX25003600
トレイダーズ証券みんなのFX1800015000
セントラル短資FX60001500
カブドットコム証券(FX)15001200
【マネックスFX】FXプレミアム1200010000
SBI証券40004000
SBI FXトレード1200015750
JFX【MATRIX TRADER】3800(口座開設+50lot)3500(口座開設)
GMOクリック証券FXネオ5000
4000
FXプライム byGMO 選べる外貨9000‚なし
DMM.com証券(DMM FX)1000010000
*サイト別合計10380081550
※ FX口座開設案件一覧・2016.4.19 ポイントライフ研究所 調べ 

それぞれの特徴は下記のとおりです。

Rank1No.1 ハピタス

私が今まで一番使っているのがハピタスです。 判定が出なかった場合に何度か問い合わせをしていますが、対応が早いですし、証拠のメールを転送すると、今のところ毎回ポイント加算してくれています。そのため、同じ金額分のポイントが得られる案件なら、なるべくハピタスを経由するようにしています。

また、ハピタスには「みんなでポイント」という制度があり、期間限定(時期は不定期)、人数限定でポイントが大幅アップします。FXのポイントはこれを狙うのが一番です。

今のポイントが一番高いのかどうかについては、広告のレビューをや「過去のみなポン」の感想を読んでみると、大体の相場が分かると思います。

このリンクからハピタスに登録すると30ptプレゼント↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Rank2No.2 げん玉

ハピタスには及ばないものの、全体的に還元ポイント数が高めなのがげん玉です。ハピタスより有利な案件もちらほらあります。その都度比較して、取りこぼしのないようにするのがベスト。

このバナーから登録すると250ptプレゼント↓

 - FX案件攻略法 ,